ユーペットジャパン: 良いペットオーナーになるためのヒント

U-Pet Japanペットを:上手に飼うためのヒント、ペットに

ペットは遊び心と愛情を与えてくれる素晴らしい仲間です。あなたの日常。ただし、彼らは大きなコミットメントを必要とします。必要なものは動物の種類によって大きく異なりますが、すべてのペットに必要な基本事項がいくつかあります。 

これらすべてを知ることで、彼らはあなたが与えた愛と愛情の2倍であなたを扱ってくれるので安心してください!

ペットに健康でバランスの取れた食事を与えてください。

動物の種類にもよりますが、定期的に新鮮な餌を与えることを忘れないでください。よく調べて、あなたのペットに特有の食べ物を選んでください。それどころか、ペットに何を食べさせたらよいかについてまだ質問がある場合は、獣医師に相談することもできます。他にもておくべきことがあります:

  • 覚え彼らの食事は、同じ動物の品種や種によって異なることを覚えておいてください。たとえば、両方とも鳥の品種ですが、オウムとコンゴウインコは異なる食事をします。
  • 知らない人もいるかもしれませんが、ペットの食事の必要性も加齢とともに変化します。このため、ペットのさまざまなライフステージと、ペットに与えるのに最も適した食べ物について、獣医に相談することをお勧めします。

ペットに安全な環境を提供します。

良い飼い主になるために必要なもう 1 つのことは、ペットに安全な環境を提供することです。たとえば、小さな動物を飼っている場合は、安全なドアが付いた安全なケージがあることを確認してください。反対に、ペットが大きい場合、犬なら犬小屋、馬なら納屋のように、疲れたり怖がったりしたときにどこかに行く必要があります。心に留めておくべきその他の事項は次のとおり 

  • です。ペットを傷つける可能性のある危険なものがないことを確認するために、家にペットがいないことを確認してください。さらに、化学薬品や電気ケーブルを固定するか、壊れやすいものを安定した場所に置いて、倒れないようにしてください。
  • それ以外は、ペットの居場所にうんちを残さないでください。一部の寄生虫は糞便中に生息しており、その過程でペットに感染する可能性があることを覚えておいてください。そのため、すぐに掃除をするようにしましょう。

ペットの医療ニーズにお応えします。

あなたが考慮する必要があるもう1つのことは、彼らの健康です。あなたのペットは健康そうに見えますが、年に 1 ~ 2 回、健康状態をチェックするために獣医に連れて行くことが重要です。他に留意すべき。

  • 事項がありますたとえば、愛犬が異常に無気力になったり、食事を止めたり、異常な腫れを起こしたりした場合は、すぐに獣医に連れて行くことをお勧めします。
  • 獣医に行くことで、ペットにノミ、ダニ、フィラリアの薬を与えるべきかどうかも知ることができます。